英文を読む際に注意すべきつなぎ語 1

英文は右から左へと読んでいかなくてはいけません。左から右に返って読んでいると、リスニングに対応できなくなります。そしてこれは英文に限定されることではありませんが、つなぎ語に対して強く意識することが要求されます。そのつなぎ語の中でも最も重要なものは「しかし」です。

英語でいうと「but」「and yet」「however」「though」などです。これらが重要な理由は、「しかし」の直後に「主張」が来るからです。そして主張の直後には「具体例」が来て、「主張」を補強する筆者が多いですね。そしてさらに重要なことは、「しかし」の前後でプラスマイナスが逆転することです。評論文の場合は、プラスからマイナスへ変化することが多いです。

脱毛は、1回の施術では終わりません。なぜなら、今生えている毛にしか脱毛処理をすることが出来ないからです。毛は、伸びる→抜ける→しばらく休む、というサイクルを繰り返しています。今生えている毛は全体の1/3程度で、残りの毛は生える準備をしています。この抜けて休んでいる状態の毛には、脱毛処理をすることが出来ません。

休んでいた毛が生えてきたときにも施術する必要があるため、数回の処理が必要です。部位や個人差、脱毛方法にもよりますが、だいたい1年間が目安です。この時点で毛はずいぶん薄く、残った毛は細く目立ちにくくなっていますが、完璧を目指す方はこの先も処理を続けるようです。

ちなみに、鎮痛剤のセレコックスは「胃にやさしい」という特徴がありますが、だからといって注意点を無視すると副作用リスクが高まるそうです。くわしくは、セレコックスの注意点をまとめたサイトがあるのでチェックしてみてくださいね。

光脱毛はフラッシュ脱毛、IPL脱毛など様々な呼び方がありますが、どれも同じ原理の脱毛方式です。キセノンランプから発せられる光を照射して毛を発熱させ、毛乳頭にダメージを与えます。サロンではこの方式が採用されていますし、家庭用の脱毛器もほとんどがこの方式です。レーザーは光脱毛と似ていますが、同じ周波数の光を束ねた、より強力な光です。

一定の周波数の光だけを放出するので毛の色により反応しやすい反面、産毛など薄い色の毛には反応しにくいというデメリットもあります。ニードル脱毛は電気脱毛、電気針脱毛などとも呼ばれます。古くからある方式ですが、メリットが少ないため今では施術を行っているクリニックはあまりありません。

毛穴に直接針を差し込んで電気を流すことで毛穴内部を発熱させ、毛乳頭を破壊します。処理した毛穴はほぼ確実に脱毛を成功させることが出来るため、この方法が唯一、「永久脱毛」と呼ぶことが出来る方法です。

レーザーや光脱毛の場合は、期間中は日焼け禁止、毛抜き禁止、脱色禁止など色々な禁止事項があります。これらを破ると肌への負担が大きくなったり、十分な脱毛効果が得られなくなってしまう場合があります。