リバウンドしないダイエット方法として有効なのは・・・

ダイエットでリバウンドしないための正しい痩せ方

ダイエットをする時にリバウンドを起こさないようにするには、停滞期の仕組みを把握することです。

■ 口臭消すサプリ

せっかくダイエットで体重を落とすことができても、リバウンドをして体重が増えてしまうことはよくあるケースです。ダイエットとリバウンドを繰り返していては、いつまで経ってもダイエットに成功することはできません。

ダイエットをしていると、メンタルにストレスがかかりがちであり、ストレスの発散を食べることに求めるとリバウンドします。過剰なストレスのあるダイエットをしていると、遠からずダイエットの実行自体が不可能になってしまいますので、ダイエットのやり方を変える必要があります。また、ダイエットを続けていると最初は体重が順調に減っていきますが、多くの場合において途中で停滞期がやってきます。しばらく食事の量を減らしていると、人間の体は外部に異変が起きたと解釈して、摂取できるカロリーはできるだけ体内に蓄え込み、現時点での体脂肪ができるだけ減らないように代謝を低く抑えてしまいます。

この停滞期に直面したときに、挫折してしまい食事を摂りすぎてしまい、リバウンドしてしまうことにつながります。脂肪が体内に吸収されると、レプチンというホルモンが分泌されてしまい、満腹中枢を刺激して満腹感を得ることができます。ダイエットの最中に空腹感を感じやすくなるのは、脂肪の摂取量が少ないためにレプチンが分泌されないこともあります。極端なダイエットをしていると、停滞期を我慢し続けることが難しくなって、ストレスの反動で食べ過ぎてしまうということもあります。

リバウンドしないダイエット方法として有効なのは、減量とする目標の体重を1ヶ月に5パーセント以内に定めて、無理なダイエットを行わないことです。