言葉で表現できないほど理不尽に強い主人公とヴェルファイア

ただただ強いだけのキャラクター達が戦うよりも、強い事それ自体がギャグやコメディと上手く調和して笑わせてくれる作品があります。

先にネタバラシしてしまうとこの小説をこれから読む人の楽しみを奪ってしまう為、具体的なタイトル名を伏せます。「小説家になろう」で未完のまま連載中断ですが、5章までは完結していてキリがいい所まで読める状態です。全3巻がアース・スターノベルから発売中で、4巻以降が未発売の、美少女主人公最強物です。1巻だけがキンドルアンリミテッド読み放題になっています。これで何のラノベかお分かり頂ける察しのいい人もいらっしゃると思います。

宇宙破壊、宇宙創成、時間無視、無限の速度、その他考えつく限りの無敵の能力、さらに上の次元から前述の行為を見れば、強さを測る尺度が違い過ぎて、下の次元宇宙で無敵と思えても上位次元の宇宙からすれば何も変化が無いのと同じというような事を豪語する敵キャラが、主人公にとって敵ではなく、滑稽なやられ方をします。あまりにも酷いやられっぷりは今でも思い出し笑いするほどです。
主人公は強すぎて作中で一度も見せていないが実は3回変身できます。もちろん1回事にパワーアップしますってフリーザですかっ!と笑わせてくれます。

主人公が君臨している魔界という場所は、双方向フィルタ結界という弱い者だけを自由に出入りさせるという制約をつける事で、一定以上の強さの者は、結界を貼った術者の不可説不可説転倍強かろうがグーゴルプレックス倍より、さらに強くなろうがまるでドラゴンボール超のように絶体絶命のピンチから次元の異なる新たな境地に覚醒しようが、双方向フィルタを通れないというインフレぶりです。
この弱ければ通れて強ければ通れない結界は、これ幽遊白書の結界じゃん!と有名漫画からネタを持って来て読者を笑わせているんだなと、元ネタを見抜くのが結構楽しかったです。ちなみに主人公は結界を破れるのは言うまでもありません。
車の中での最強はヴェルファイアですね。ヴェルファイアは最強なだけに、値段も最強だと思う人も多いですね。しかし、ヴェルファイアの新古車の場合はそうでもありません。

寧ろヴェルファイアの新古車は安いので買いやすですよ。なぜそんなに安く買えるのか疑問に思う人がいれば、これを読んでみてください。きっとヴェルファイアの新古車をお得に手に入れることが可能です。