ダイエットをするとリバウンドしてしまう訳

過去にダイエットをした経験を持つ方の中には、ダイエットは成功しても、その後リバウンドしてしまいダイエットする前よりも体重が増えてしまった。という経験を持つ方も多いのではないでしょうか。このリバウンド、どうして起こるのでしょうか。

実はリバウンドはダイエット方法によって起こりやすい方と起こりにくい方がいます。リバウンドしやすいダイエットをしている方は、体の筋肉量が低下することで体重を落とした人です。筋肉は身体の中では同じ体積でも重たいため、筋肉量が低下すると自然と体重も減少します。同じ体積の脂肪が減少するよりも、筋肉が減少した方が体重は落とすことが出来ます。

ですが、筋肉は消費エネルギーが非常に高いため、筋肉量が多いと基礎代謝が高まりますが、筋肉量を減らすようなダイエットをすると、基礎代謝が低下するため、ダイエットをやめてしまうと体重が増えやすくなってしまいます。さらに、筋肉の代わりに脂肪がつきやすい身体となるため、太りやすく痩せにくい身体になってしまいます。

筋肉をつけ一時的に体重が増えた場合でも、その分基礎代謝が上がり徐々に痩せることが出来るダイエットをすると、リバウンドが起こりにくくなってきます。