洗顔で乾燥肌対策

乾燥肌で困っている人のうちの何割かは、正しくないスキンケアで角質層にダメージを与えているようです。毎日の洗顔頻度ややり方が肌に合ったものであることも、乾燥肌対策では大事なことです。顔の洗い方を工夫することで、乾燥肌対策がうまくいったという人もいるようです。

お肌の保湿力は、クレンジングほどではなくても、洗顔によって低下する可能性があります。肌を乾燥させないために分泌されている油脂成分が、洗顔によって洗い流され、肌の水分が蒸発しやすくなるのです。クレンジングや洗顔によって失われた細胞間皮質、天然保湿因子、皮脂は、約24時間かけて修復され、寝ている間に最も修復が進みます。石鹸を使って朝にしっかりと洗顔してしまうと、せっかく回復してきた細胞間皮質などがまた洗い流されてしまいます。肌のバリア機能が低下した状態が続くことになるため、乾燥肌の原因になります。朝、顔を洗う時には石鹸を使わずに、ぬるま湯や水で簡単に汚れを洗い落とすくらいがいいようです。寝ているうちに油脂が多く分泌されるという人は、朝も石鹸を使わなければ皮膚に油分を含んだ汚れが残り続けてしまいますので、脂性肌か乾燥肌かで洗顔方法は変わります。乾燥肌の対策はしたいけれども、毎朝の洗顔で油汚れを落としたいという人にいい対策も存在します。朝は洗浄力の弱い石鹸で、Tゾーンなど皮脂が気になる部分だけを軽く洗顔する方法です。洗顔の場合もクレンジングと同様に、こすらないということも大事な乾燥肌対策のひとつです。乾燥肌対策のためにも、決して肌をこすらず、洗いすぎないように注意しましょう。
http://www.traralgon-city.com