赤ら顔のケアはどうしたらいいの?

赤ら顔の原因は、温度差により毛細血管が収縮と拡張を繰り返し、弾力低下する事によって起こります。
要するに、赤ら顔は血管が広がっている状態になるのです。
しかし、生理不順や便秘、冷えやホルモンの障害、皮膚が薄い人も赤ら顔になりやすいのです。

赤ら顔のケアに有効なのはマッサージです。
肌を温めるイメージで、軽く指を動かして血行を良くしてあげます。
でも、やり過ぎは肌への負担が大きいので、週に1回くらいを目安にマッサージします。

マッサージ後は、肌に化粧水をパッティングして、ほてりを鎮めます。
寒さの厳しい冬は、クリームタイプのファンデーションを使って、冷たい空気から肌をガードしたり、肌を軽く叩いて血流を良くするのも大切です。

赤ら顔は、外気との温度差を避けるなどの工夫も必要です。
また、辛い食べ物やアルコールは身体が温まるので、毛細血管に多くの血液が流れて赤ら顔になります。
緑黄色野菜や牛乳、卵黄などは、ビタミンBやEが豊富なので赤ら顔の改善には効果があります。

 ストレスや不眠、ニキビ肌や糖尿病