ポケットからはみ出さない大きさですし

WiMAXって言うインターネット通信サービスはあるのですけど、このサービス、速度制限の規制がある程度緩い点が特長です。

と言う訳で、ある程度は通信を行なう使用目的があるのであれば、ストレス無くインターネットを楽しむ唯一のモバイルサービスと言えます。通信制限を考えたくないのならば、考えてみてはいかがでしょうか?WiMAX端末の大きさは、スマホよりも小型です。

その為、お荷物になりません。ポケットからはみ出さない大きさですし、重さや厚みは大した事なく、お財布と一緒に入れる事もできます。
ワイマックス対応の通信機は、スマホアプリを使って操作可能です。ですから、ワイマックス機器をカバンの中に入れ、その状態で使用する事も可能です。(→GMOとくとくBB WiMAX 2+の鬼安キャンペーンでWiMAXを安く!
UQ WiMAXサービスの醍醐味は、通信制限の規制が厳し過ぎないと言うところにあります。
他社モバイルインターネットサービスなら、通信制限が恐ろしくて映画など見てられません。出来る事と言えば、5分程度の動画を数日に一回程度視聴する位ではないでしょうか?でも、WiMAXならば堂々と映画が視聴出来ますし、24時間インターネット放送を流しっぱなしにしても問題ありません。家電量販店にて、店員から光回線の勧誘を受けました。

私はWiMAXユーザーですから、当然ながら、光回線は必要ありません。ですので、店員に対して不要と言う気持ちを伝えると、呆れるような営業トークをされました。WiMAXだったら、天候によって受信具合が左右されるでしょう?しかしながら、毎日愛用しているWiMAXではありますけれど、天気悪化でWiMAXが使えないと言う経験はいまだかつてありません。豪雨の中であっても、WiMAXの使い勝手が悪くなるような事はありませんでした。

 

携帯型タイプのインターネットサービスには、WiMAX以外にも様々なサービスがあります。

 

具体例を出すと、速度制限のないぷららモバイルLTEと言うサービスが存在します。

ぷららモバイルLTEには速度制限がないと言う話ではありますが、3Mbps程度しか出ない点が難点ではあります。

 

この通信速度は、速度制限の際のWiMAXよりも遅いです。

そう言う理由から、速度制限は無いと言うウリ文句ではありますけれども、WiMAXを例に出すと、いつも速度制限状態と変わりありません。